銀行カードローンの審査で重要な勤続年数

銀行カードローンは審査が厳しいというイメージがあると思います。
その中で重要視される項目の一つに勤続年数があります。
今の勤務先の何年勤続しているか、という点をみることで収入の安定性を見ています。年齢の割にこの年数が短い人はまたすぐに仕事を辞めてしまう可能性が高いと思われてしまい、そうすると仕事が見つかるまで収入のない期間が出来てしまうことから、返済能力に疑いが出てしまうというわけです。商品の中には勤続年数が何年以上であること、などの条件があるものもあります。それほど重視されている項目といえます。返済金額が少額になることが多い銀行カードローンの場合、収入の額の多さより収入の安定性を重視することも多いほどです。
カードローンは特に簡単な申し込みで即日利用出来る商品も多いことから、より返済能力をしっかり判断する必要があるということです。

審査が厳しい理由として銀行カードローンは銀行以外の消費者金融などのカードローンと比べ金利が低めに設定されていることが挙げられます。
支払う利息の中には返済出来なくなった先へ充てる引当金も含まれており、金利が低いということは引当金もその分少なくなってしまうため、より確実に返済してくれる人にだけ貸せるよう厳しくなっているのです。

ですが厳しいといっても、ある程度の勤続年数、安定した収入があり銀行との取引状況が悪くない方であれば問題はなく、断られる可能性は低いでしょう。