借入があっても借りれるカードローン

消費者金融会社の数社から限度額いっぱいでお金を借りていると仮定します。2006年12月に貸金業法が成立し、2010年6月に総量規制など、すべての規定が施行されました。これにより年収の3分の1の融資が法律で不可能になってしまいました。つまりご自身の年収の3分の1を既に消費者金融各社からの総合計で借り入れている場合は、どこの会社を周っても融資は不可能となってしまったのです。それは大手どうこうではなく、中堅どころを周ったとしても同じ話です。貸してくれるのは貸金業法を無視した闇金融業者しかないでしょう。ただ、逆を言えば、3分の1以内であれば、各社を周るとどこかが融資してくれる可能性は高いです。話しを戻しまして、年収の3分の1の借入があった場合、どこからも融資は無理なのでしょうか。いえ、まだ手はあります。それが銀行系のカードローンとクレジットカードのキャッシングサービスです。それには明確な理由が存在します。どちらも先に触れた総量規制の対象にならないからです。つまり他社で借入があっても借りれる可能性があるのです。例えば年収900万円の人の3分の1は300万円ですから、消費者金融などから借りることができる金額の総額は300万円までとなっています。しかし銀行系のローンであれば同じような300万円は厳しいかもしれませんが、目安として50万〜100万程度の融資なら可能性があります。あくまでも目安です。クレジットカードをお持ちの方は5万〜20万程度のキャッシング利用サービスがついているかもしれません。これには申し込みが必要だったりしますが、利用枠さえあれば総量規制対象外でお金を借りることができます。